みなさん、こんにちは。
パーソナルカラー&骨格診断・色の専門家「オーロラカラーズ」のかえまんです。

今日から4月ですね!早い!!
とはいえ、昨日よりは暖かかったですがまだ風が冷たいですね・・・。
私は、寒さで肩をすぼませて歩いていたせいか、首がかなり痛いです(笑)

さて、昨日は32年間続いた『森田一義アワー 笑っていいとも!』が終わりましたね。
夜はスペシャルとして放送されていて、思わず見ながら泣いてしましました・・・。

タモリさんが、常に口にしていたのは、感謝の言葉でした。
32年もの長い歳月、続けられるすごさはタモリさんだけのチカラでは到底ないですもんね。
どんなにタモリさんが面白く、人を惹きつける人であっても、一人ではできることは限られます。
当たり前ですが、見てくれる人、一緒に出演している人たち、支えてくれる人たちがいたからこそ、32年も続けることができた・・・
そのことをタモリさん自身が実感しているからこそ、あれだけの感謝の言葉が出てきたんだと思います。

「見てくれて当たり前」「出演して当たり前」「支えてくれて当たり前」になってしまっていたら、独りよがりになってたちまち終わっていたかもしれませんよね。
一見、当たり前のように見えることを当たり前と思わず、ありがたいと思い、大切にできるかどうかでその先が見えてくるような気がします。

それは、『笑っていいとも!』に限った事じゃなく、どんな仕事でも同じですね。
つねに自分だけじゃなく『相手』がいることを意識する、『相手』に喜んでもらうことを意識する。
そして、相手の応えに感謝すること。
とってもシンプルだけど、ん~。やっぱりこれって、実践するには、想像するチカラ「イマジネーション」が必要なんですよね。

すごくいいものを見せていただいた気持ちです。

ブラタモリ復活しないかな~。