みなさん、こんにちは。
パーソナルカラー&骨格診断・色の専門家『AURORA COLORS(オーロラカラーズ)』のかえまんです。

先日終了したイベントの報告は、2回にわけてブログで紹介いたしました。
今回のイベントでもう一人、お手伝いしてくださった方がいます。

うちでセラピーと数秘&カラーを受講してくれたIさんです。
数秘&カラーも意欲的に勉強してくれていて、セッションの結果を丁寧にノートに書いている勉強家さんです。

そんなIさんも、いつかはイベントなどでセッションをすることが出てくるだろうと思い、イベントでの流れややり方について勉強になれば・・・とお声掛けしました。
今回は、チラシ配りやお客さまへのお声掛け、セラピーの予約受付をお願いしていました。

初日、会場設営や出展者代表の朝礼などもあり、細かい流れを説明する間もなく慌ただしくスタートしたにも関わらず、Iさんはお客さまへのお声掛けも自然で、あいさつもしっかりしていてビックリ!

CAMESカラーセラピーについても、お客さまに簡潔かつ興味を持ってもらえるようお話ししてくれて。
待っているお客さまには、自分から話題を提供しリラックスさせて、待ち時間を退屈しないよう配慮してくださっていました。

まったく私が説明していないのに、めちゃくちゃ助かる!!と感激しておりました(笑)

実はIさん、以前、接客業の経験があったそうです。
がってん「なるほど!」。どうりで声掛けが自然すぎるわけだ(*^。^*)

お客さまへのお声掛けやチラシ配りって、簡単なようでできない人が多いんですよ、、、実は。
とくに「販売」や「接客」をしたことのない人にとっては、断られたり無視されること自体が「へこむ」らしく結構ハードル高いんです。

私も高校時代のコンビニから始まり、かれこれ十数年の間に接客や販売も含めさまざまな仕事を経験してきました。
短期のものだとビアガーデンのチケット売り、街頭アンケートやクレジットカードの加入キャンペーン、テレオペやテレアポなんかもあったっけ・・。
もちろん固いところだと会計事務所の職員もしておりました・・・これは、事務作業よりお客さんのところへ行って話をするほうが好きだった(笑)

どうやら基本的に人と話す仕事が好きみたいです。
今までの仕事経験から、もうすっかり人と話すのは慣れていますが、「初めて声をかけるとき」ってドキドキしたものです。
チラシを受け取ってもらえなければ、ショックだったし、電話をガチャ切りされれば、どーんと落ち込むし(笑)

でもこんなのって、100人いたら100人とも同じ対応ではないから、いちいちへこんでられないんですよね。
100人中100人に断られたらその人に問題アリだと思うので(笑)、すぐさま別のやり方を考えねば・・・ですが。

こちらがきちんと向き合えば、絶対話を聞いてくれる人はいます。そこまで諦めずにできるかどうかなんですよね。
あとは経験を積めば、聞いてくれる話し方、足を止めてくれる声掛けの仕方、契約(購入など)してくれやすいコツがわかってくるので効率もぐんと上がるんです。

Iさんは、接客経験があったのでこういった土壌がもともとあった。
だからこそ、この短期2日間の仕事でも、すぐに力を発揮することができたんだと思います。

実は、接客や販売の経験者でもグズグズの人もいます。あいさつできなかったり、気が付くと突っ立ているだけとか(^_^;)
こういうのって、ある意味、反射的にできる人とできない人がいる・・・んですよね。体に染みついているかいないか・・・というべきか。

実際、イベントなどでカラーセラピストさんとか手作り作家さんとかを見かけますけど、まったく声掛けしてくれない人がほとんどです。。。
「なんで声掛けしないのかな~」と不思議に思います。声かけてほしいお客さまも絶対います。

カラーセラピーや色育のように「何をやっているかわからない」「そもそも何なの?」とまだまだ認知度が低いものは、不特定多数が出入りするイベントは知ってもらういい機会です。
だからこそ、お客さまにお声掛けもしないのはもったいない!
お客さんだって、声かけてもらって説明してもらえたら「面白そう!」って思ってくれる人もいるし、新しいことを知るきっかけにさえなるかもしれませんしね。
なので私は、ただ座って(または突っ立って)お客さまから来てくださるのを待っているのは、大嫌い(笑)。

だから、今回Iさんには、私の意志を伝えていないのにきちんと汲んでもらえて、本当にうれしかった☆
Iさんのおかげで私はセラピーに専念できて本当に助かりましたよ~(^^♪
ありがとうございましたヽ(^o^)丿

11093356_811238835616967_631385320_o